ワーキングプア を知る

ワーキングプアというのは、生活保護水準以下で暮らす人たちのことを指します。
今、日本ではワーキングプアが増加しています。
景気は良くなっているのに、何故ワーキングプアが増えているのでしょうか。
このサイトでは、ワーキングプアについて考えてゆきます。

ワーキングプア を生きる

 一度ワーキングプアになってしまうとそこから這い上がるのは難しい、ということがわかりました。しかし、何度失敗したとしても、そのたびにチャレンジして、最後には成功を掴み取ることも可能なのです。つまり、這い上がることは、決意一つでできるはずです。そこが資本主義のもう一つのよい所だといえます。嘆き、あきらめるという自由、努力して、這い上がる自由。そのどちらの可能性も、あなたの手の中にゆだねられている、ということです。

とはいっても、お金や社会的成功を手に入れる、という生き方は、非常に疲れる生き方である、ともいえます。お金に変わる価値観を手に入れると、さらにゆとりのある人生を楽しむこともできます。

 たとえば、ワーキングプアだとしても、貧乏だとしても、無駄遣いをやめ、質素に暮らせば、それなりに家族と触れ合う時間、ゆとりをもって生きてゆけるのではないでしょうか?教育費が払えないのであれば、子供を大学に入れるのはやめる、あるいは子供に奨学金制度を利用させ、大人になってから返済させる、などという選択肢もあります。住宅費がもっと安い田舎に暮らすとか、農業をしながら暮らすとか、ゆとりある暮らしを実現する方法はたくさんあります。

 ただし、こういった生活をするためには、欲をすてなくてはなりません。さらに、もう一つ、全てを叶えるのは不可能だ、ということを理解する必要があります。たとえば、田舎だと時間、体力ともにゆとりをもって暮らせることがわかったとします。その場合、今暮らしている地域での友人、社会的基盤はなくなる、ということです。ゆとりのある暮らしと、都会での生活、どちらも欲しい、などと欲張ると、結局どちらも手に入らなくなるまで仕事に追われる、という可能性もあるのです。この辺のさじ加減、欲をコントロールすることが大切でしょう。

ワーキングプア 事情

ワーキングプア を知る

ワーキングプア を知る  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/08/17