ワーキングプア を知る

ワーキングプアというのは、生活保護水準以下で暮らす人たちのことを指します。
今、日本ではワーキングプアが増加しています。
景気は良くなっているのに、何故ワーキングプアが増えているのでしょうか。
このサイトでは、ワーキングプアについて考えてゆきます。

ワーキングプア は減る?

最近は日本経済が回復している、といいます。であれば、雇用情勢もよくなり、近いうちにワーキングプアも減るのでは?と思ってしまいます。もちろん、そうなれば一番良いのですが、そんなに簡単には減らないだろう、といわれています。

 一度人件費を抑えるシステムを企業が作ってしまっている、というのがその理由です。一旦、安くすむシステムを作ってしまえば、企業も利益を追求する組織である以上、安い人件費を使おうとするでしょう。したがって多少景気がよくなったとしても、引き続き低賃金労働者使う流れが続くのではないか、というわけです。もちろん、景気がよくなってゆけば、その環境も変わるでしょうが、今の所、しばらくはこのまま、あるいはもっと悪くなるかもしれません。

 さらに、何もワーキングプアというのはフリーター、アルバイト、パート、契約社員など、臨時の人たちの問題だけではありません。正社員として働いていても、零細中小企業で働いている人たちの生活は、決して楽ではありません。彼らはワーキングプア、あるいはワーキングプアに近い低所得での暮らしをしています。

 大企業で働いている人よりも、日本全体でみると、ほとんどの人はそういった所で働いています。であれば、全体として景気が良くなっているとしても、それは一部の大企業のために、多くの人が低賃金で働いているからだ、といえます。つまり、大多数の個人=ワーキングプアに近いレベル、あるいはワーキングプアが、少数の大企業といった一部の人たちを支え、格差社会が広がっているのがわかります。格差社会が広がる、とはこういうことであり、今後もこの流れが続き、より格差が広がってゆくのでは、と懸念されています。

ワーキングプア 事情

ワーキングプア を知る

ワーキングプア を知る  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/08/17