ワーキングプア を知る

ワーキングプアというのは、生活保護水準以下で暮らす人たちのことを指します。
今、日本ではワーキングプアが増加しています。
景気は良くなっているのに、何故ワーキングプアが増えているのでしょうか。
このサイトでは、ワーキングプアについて考えてゆきます。

アメリカの ワーキングプア

日本以外の国では、ワーキングプア、あるいはそれに類する存在はいるのでしょうか。ここでは、アメリカについてみてゆくことにしましょう。

実は、ワーキングプアという言葉は、アメリカ発生!なのです。つまり、かの国ではそれだけワーキングプアが社会問題とされており、身近な存在である、ということを表しています。事実、アメリカはワーキングプアの数が多く、3700万人といわれています。(2004年度)しかし、アメリカはそういった個人の屍が累々とつらなっている中で、勝ち組はうなるほどのお金を稼いでいます。つまり、アメリカはそれだけ成功者、ワーキングプアともに生まれやすい社会である、といえるでしょう。言い換えると、勝ち組、負け組みの格差がはっきりとしているわけです。

 今後、日本もアメリカのように格差社会が広がってゆく、といわれています。それが意味する所は、勝ち組、負け組みが明らかになってゆく、ということです。それはアメリカが徹底した資本主義の国であり、前小泉首相の改革も、より徹底した資本主義へ向けての改革であったためである、という人もいます。では、資本主義というのは一体どういった国の仕組みのことをいうのでしょうか?

ワーキングプア 事情

ワーキングプア を知る

ワーキングプア を知る  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/08/17