ワーキングプア を知る

ワーキングプアというのは、生活保護水準以下で暮らす人たちのことを指します。
今、日本ではワーキングプアが増加しています。
景気は良くなっているのに、何故ワーキングプアが増えているのでしょうか。
このサイトでは、ワーキングプアについて考えてゆきます。

ワーキングプア の意味

ワーキングプアという言葉は聞いたことがある・・・働いているものの貧乏、というくらいで、詳しい言葉の意味を知らない人も多いかもしれません。そこで、まずはワーキングプアという言葉の意味から解説してゆきます。

ワーキングプアというは、就労しているのにも関わらず、その暮らしが生活保護水準、あるいは生活保護水準以下である、という人たちのことをさします。しとはいえ、「じゃあ年収何円以下の人をさすのか?」といえば、まだ厳密な意味での定義は存在しません。したがって、便宜上このサイトでは、日本のワーキングプアとは年収200万円以下、ということで話をすすめてゆきます。

 ここで、疑問に思う人がいるかもしれません。なぜ働いているのに、生活保護より低い水準で生活しているんだ?と。事実、生活保護を受給している人は、「病気、その他の理由などで働けない」という人もいるわけです。真面目に働いているのに、病気など、止むを得ない理由があるとはいえ、働いていない人より貧しい暮らしをしなくてはならない、なんて、どこかおかしい・・・・。実は、日本の法律で定められている最低賃金が、生活保護水準より低くなりえる、という事実があるのがその理由です。その最低賃金で働けば、一月毎日8時間働いたとしても、年収200万円を切ってしまう可能性がある、というわけです。事実、200万円という数字はかなりシビアです。アルバイトなどの時給で計算してみると、これはよくわかります。

パートなど、時給900円で8時間働いたとして一日に7200円です。20日働いても15万円に届きません。であれば、年収は200万円を超えません。中高年という再就職、転職が難しい世代であれば、一旦リストラなどにあってしまうと、中にはアルバイトしか働き口がない、という人もいるでしょう。もちろん、私達自身も将来そうなる可能性がないとはいえません。「ワーキングプア」が誰にでもおこりえる問題だ、ということがわかったのではないでしょうか。

ワーキングプア 事情

ワーキングプア を知る

ワーキングプア を知る  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/08/17